そもそもレーザー脱毛は痛い

医療レーザー脱毛もかなり痛いです。実際痛いのが嫌で、髭の永久脱毛を諦めてしまうような人もいます。確かに痛みを個人差がありますし、耐えられる人と耐えられない人がいますがレーザー脱毛に関しては「手持ち花火を押し付けられる感じ」と言われるほどの痛みを持っています。肌質や肌の色毛の太さやけの量次第でまた痛み方は異なってきますし、得にヒゲの場合は体毛の中で髪の毛の次に密集して国で最も深い太いくれなので、痛みは強くなります。ゴムを弾いたような痛さと言われますが、もっと痛いという感想を持つ人もいます人によっては麻酔は絶対になしではできないと言っている人もいます。その場合はやはり麻酔なしでは相当厳しいでしょう。 ただレーザー脱毛は医療機関で行うため麻酔クリームや笑気麻酔などを利用することはできますが、逆に言うとそれだけ痛いということを意味していると言って構わないでしょう。

メディオスターが痛くないとされてる理由

従来のクリニックの医療レーザー脱毛に関しては「アレキサンドライトレーザー」と「ヤグレーザー」が使われていてメラニン色素で反応して毛根を破壊する時かなり高温のレーザーを当てるという方法をとっていました。そのためその温度からしても痛みをもたらしていました。しかしメディオスター脱毛方法は毛根を包んでいる「毛包」という部分の中のバジル領域に熱をためて刺激することによって脱毛を流す「蓄熱式」という方法です。蓄熱式の場合は今までと比べて高温にする必要がほとんどないので、結果的に痛みはほとんどないと言えるのです。レーザー脱毛の場合ですと200°前後を使いますが、メディオスターの場合は50°から70°の熱量なので、それにその熱が毛根部分まで行かないので奥深くまでレーザーが入り込まずあまり痛くないと考えられているのです。

痛いのが嫌ならサロンという選択肢も

どうしてもレーザー脱毛にそれでも耐えられないような人は、光脱毛を行っているサロンがおすすめです。そちらは波長が異常に長い光なのでほとんど肌に影響は与えません。フラッシュ脱毛(光IPL脱毛)の場合はだいたいゴムを50CM延ばして弾かれた痛みと言われますが、一回の照射面積がレーザーに比べて広いので痛みも分散され、それほど局所的な痛みを感じることはありません。もうひとつの脱毛方法としてニードル脱毛と言って鍼に電気を通し方法ですが、これはさらにレーザーよりも痛いと言われています。どうしても痛いのに耐えられないとか痛みに弱い人はいるわけでそのような人は是非サロンを使って通う回数を増やしながら痛みのストレスを減らす方が賢明ということが言えるでしょう。特に髭などの場合は本当に顔の部分ですので、痛みに耐え続けるのは少し辛いと言えますのでサロンでゆっくり脱毛を行っていくということが結果的に効果は同じなのでおすすめです。

ページの先頭へ